<スポンサーリンク>

2016年08月05日

ライヤ姉さんが猫を好きになったのは・・・

我が家のライヤ姉さんは
2010年6月に我が家にやってきました
私はそのほんの一ヶ月半ほど前に
15歳を目前にしていたPinocoという愛犬を亡くしたばかりでした

その頃のことはこちらに簡単に残してあります



我が家にやってきた仔犬のライヤ(♀当時推定2ヶ月)
7月にもなると私たち家族にも慣れてきて、
やんちゃな盛りのまるまるとした仔犬でした

IMG_0556-2ペット.jpg


そんなライヤは、ご近所のみなさんにもとてもかわいがっていただけて
本当に幸せな仔犬時代を過ごすことができたと思います
外に連れに出していると、ご近所の奥さま方が通りがかって遊んでくれるのです

その中の一軒のお宅に、「しまちゃん」という美猫さんがいました

IMG_0571ペット.jpg

「しまちゃん」が時折お外に出ているときにライヤを連れ出していると
なんとなく近くまで来てくれていたのです

IMG_0576ペット.jpg

IMG_0579ペット.jpg

ライヤにとっての猫さんとの対面はこの「しまちゃん」が最初です
そして、この「しまちゃん」のママさんが
とてもライヤを可愛がってくださいまして

IMG_0587ペット.jpg

IMG_0596ペット.jpg

こうやってママさんがライヤをだっこしてしまちゃんに会わせてくれたので
しまちゃんもなんとなく興味をもってくれているようなそんな毎日でした

そんな感じでしたので
ライヤだけでも、ここまでしまちゃんとご挨拶ができるようになりました

IMG_0605ペット.jpg

ライヤにとっては、猫さんだとか、犬だとか
そういう種の違いは関係なかったのだと思います(*'▽')
しまちゃんもこれ以上近づくと逃げてしまいましたが
これくらいまでだと、ライヤのことを受け入れてくれていたように思います

そんなしまちゃん、そしてしまちゃんのママさんとの日々があったからこそ
ライヤは猫への偏見を持つことなく育つことができたのだと今でも思います

その頃、私はまだ横浜にはおらず、麻布十番に住んでいたのですが
週末になるとカメラを抱えてライヤとの時間を作るために戻ってきていたのも懐かしいです

そんなある日
仕事関係のヘアメイクのよしみちゃん(のちに弟ネコ・メイちゃんを譲っていただくのですが)が
黒い仔猫さんを保護して里親さんをさがしていました
どうしてそんな話になったのかは、私自身もよく覚えていないのですが
ライヤを迎えたばかりだという事もよしみちゃんは知った上で、
2日間ほど週末にあずからせていただくことができ
ここで初めてライヤは猫さんとの、より濃密な時間を過ごすことになったのです

この黒い仔猫さん
夏至の日によしみちゃんが保護したという事で
仮の名を「夏至ちゃん」と呼ばれていました

もちろん、私は当時両親、そしてライヤと同居していませんので
犬と猫を一度に迎えるという事は両親が承諾する可能性は低かったのですが
それでも漠然といつか一緒に暮らせたらいいな〜という思いと願いを込めて
ライヤに会わせてみることにしました

IMG_0817ペット.jpg

このご対面、思っていたより平穏で
夏至ちゃんも子供だったこともあって、犬だとか猫だとかそういう感性ではなく
巨大な生き物という目でライヤを見ていたような気がしますが

IMG_0818ペット.jpg

それにしても、猫さんのために用意したカゴと布団に
ライヤが無理くり入ってしまって、猫さんが入るスペースがありません(≧▽≦)

このあと、ライヤを外につまみだして夏至ちゃんに入ってもらいまして
様子をみていたところ・・・

IMG_0825ペット.jpg

一生懸命ライヤが夏至ちゃんにアプローチをするようになりました

その時の様子がこちらの動画です



そして、翌日の様子はまったりとこんな感じで

IMG_0821ペット.jpg

IMG_0841ペット.jpg

IMG_0842ペット.jpg

少しずつ近づけるようになったところでタイムプアップ

このまま引き取ることが出来たら一番だったのですが
まだ仔犬のライヤが力加減もわからず猫に猛アタックしている姿は
可愛いと同時に仔猫の身に何かが起こった時のことを考えると
対処できる自信がなく
ライヤを両親に任せた状態で一緒に暮らしていない私としては
残念ながら里親には名乗りを上げることができませんでした

でも、いつの日か
このライヤに猫さんとの時間を作ってあげたい
私自身も犬と猫と一緒に暮らすということを心に決めた
そんな野望を抱く、大事な瞬間になったことは間違いありません

ちょうど今日、よしみちゃんと話をしましたが
その後、この夏至ちゃんは素敵な飼い主さんに出会って
とても幸せに暮らしているという話をお聞きして
準備ができていなかった私が無理しなかったことは
きっと夏至ちゃんのためにも良かったのだと
改めてタイミングの大切さ、そしてそれが神様が下さった運命なんだと
心から実感をしてしまいました

ライヤ姉さんは、この仔犬の時代の貴重な体験のおかげで
今でもお散歩の途中で野良猫さんに会っても遊びたいと寄っていきますし
岩合さんの「ねこ歩き」を見ていても
猫さんたちにくぎ付けになってしまいます(*'▽')
テレビに猫さんが出ると、大喜びでテレビの前に陣取ります

面白いですね〜

この猫さんたちとの出逢いから6年の月日が流れたわけですが
最近はしまちゃんにお散歩の途中で会う事がなくなりました
お家の中にいるのかな〜
今、ライヤ姉さんがしまちゃんに会っても
ライヤ姉さんは同じようにしまちゃんに突撃すると思いますが
しまちゃんは大きくなってしまったライヤを怖がってしまうだろうな・・・


****************************************
にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ
      にほんブログ村
        ↑
2つのランキングに参加しています
よろしかったらクリックをお願いします
        ↓










posted by Niko at 21:50| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ライヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
<スポンサーリンク>
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。